お知らせ

12 次へ

「母子感染予防マニュアル2016年度版PDF」を掲載致しましたnew

HTLV-1母子感染予防研究班 研究協力者各位

日頃より、本研究班にご協力いただき誠にありがとうございます。

母子感染予防マニュアル2016年度版PDFを掲載致しました。
資料は下記よりダウンロード頂きます様宜しくお願い申し上げます。

HTLV-1母子感染予防マニュアル-2016年版_PDF(※資料)
>>>こちらからダウンロード

研究協力者各位へのお知らせ

HTLV-1母子感染予防研究班 研究協力者各位

日頃より、本研究班にご協力いただき誠にありがとうございます。

現時点で約950名が登録されておりますが、今後の研究班の継続性を考えると本年度をもってHTLV-1キャリア・判定保留妊婦の新規登録を終了させていただきます。なお、登録された妊婦から出生した児のフォローアップについては3歳まで継続させていただきます。また、現時点で3歳に至った例も多くあると思いますので、これまでのデータの入力をよろしくお願いいたします。

追記
WEBページのデータ修正は、各施設で可能となりましたのであわせてお知らせいたします。

「第2回日本HTLV-1学会学術集会・公開学術シンポジウム」のご案内

研究協力者各位

「第2回日本HTLV-1学会学術集会・公開学術シンポジウム」のご案内


拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 日頃より本研究におけるご協力をいただきありがとうございます。

さて、「第2回日本HTLV-1学会学術集会・公開学術シンポジウム」について、ご案内をさせていただきます。

〜第2回日本HTLV-1学会学術集会・公開学術シンポジウム〜
日時:2015年8月21日(金)〜23日(日)場所:東京大学医科学研究所講堂(白金台)

第2回学術集会では、HTLV-1ウィルス学、疫学から疾患研究、臨床研究等の幅広い分野での最新の成果発表に加え、昨年に引き続き、若手研究者奨励賞(YIA Award)受賞者の発表、特別講演、公開シンポジウムを企画、実施する予定です。つきましては、下記資料をご参考いただき、お問い合わせいただくか、下記リンクよりお申し込み手続きをお願い申し上げます。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

第2回日本HTLV-1学会学術集会・公開学術シンポジウム(※資料)
>>>こちらからダウンロード

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
第2回日本HTLV-1 学会学術集会URL(参加登録ページ)URL:
http://htlv.umin.jp/2015/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

研究班からの重要なお知らせ

研究協力者各位

研究班からの重要なお知らせ

1.妊婦に対するPCR法の検査について

研究班では、PCR法による検査はコホート研究に参加される意思が明確な妊婦さんを対象に研究費負担で行っています。
しなしながら、PCR法による検査結果を受けてコホート研究の継続を直ちに撤回される方々がおられます。
もちろんこのような場合があっても仕方はないのですが、たとえPCR法の検査結果が陰性(感度以下)であったとしても、現時点では完全に母子感染を予防できるという結論には至っていないという点をあらかじめご説明ください。この点はコホート研究が終了した段階ではじめて明らかにすることができるのです。

2.3歳時点の抗体検査について

そろそろ登録された妊婦から出生した児が3歳になる時期になって参りました。
HTLV-1抗体検査はまず妊婦健診で利用されている一般的な検査法を行い、もし陽性の場合にはWB法による確認検査をお願いいたします。これらは保険診療で行うことができます。WB法で判定保留となった場合には、研究費負担でPCR法をお願いします。 PCR法については、妊婦に行う場合と同じ手順でホームページからSRLに依頼をお願いいたします。

HTLV-1 母子感染予防対策講習会ビデオ掲載のお知らせ

研究協力者各位

平成26年12月14日実施の「HTLV-1 母子感染予防対策講習会」について、各講演者ごとのビデオ収録を行ないました。本ウェブサイトにてご視聴いただけます。協力施設関係者様においては、是非ご共有をお願い申し上げます。

講演項目一覧
■成人T細胞性白血病(ATL) (19分)
■HTLV-1関連脊髄症(HAM)について(18分26秒)
■HTLV-1の感染経路から考える予防戦略 (25分13秒)
■妊婦に対するHTLV-1抗体スクリーニング検査の意義と目的 (26分)
■HTLV-1キャリア妊婦の実態調査(14分31秒)
■鹿児島県におけるHTLV-1母子感染予防の実態(16分22秒)
■HTLV-1キャリア妊婦から(27分16秒)
■HTLV-1キャリア妊婦支援のための臨床心理士の役割 HTLV-1抗体陽性妊婦の心によりそう支援について (15分9秒)
■HTLV-1母子感染対策協議会について全国の現状について(14分26秒)
■HTLV-1母子感染対策協議会について 富山県における協議会設置の経緯と現状(14分26秒)
■「HTLV-1母子感染予防に関する研究:HTVL-1抗体陽性妊婦からの出生児のコホート研究」中間報告(13分50秒)
■HTLV-1母子感染に関する日本小児会会員へのアンケート(7分29秒)

【研究班からのお願い】

研究協力者各位

日頃よりHTLV-1母子感染予防研究班にご協力いただきありがとうございます。

1)コホート研究システムへのデータ入力のお願い
2) 3歳時抗体検査の留意点

 について、ご案内をさせていただきます。

1) 平成26年11月現在、コホート研究対象妊婦の登録数は1400名以上となりました。一方、新生児の登録は660名と大きなギャップがあります。 年末のお忙しい時期とは存じますが、研究報告の時期も差し迫っておりますので、未入力データの入力をお願いいたします。 また、リクルート後に本研究を辞退したケース(妊婦あるいは出生した児)につきましては、ホームページのお問い合わせの欄に 患者さんの番号(症例登録番号:5桁の数字)を記入の上ご送付ください。


2) そろそろ対象となった妊婦から出生した児が3歳になるケースがあるかと思います。
3歳時の抗体検査については以下の点にご留意ください。

最初に行う検査は一般的なHTLV-1抗体検査です(保険適応:HTLV-1感染の疑い)。

この検査で陰性であれば、母子感染はないと判定できます。
陽性の場合は、必ずWB法による確認検査を行ってください(保険適応あり)。
この時点で母子感染の有無は評価できません。
(注)スクリーニング検査を行わずにWB法による抗体検査を行うことはできません。

WB法陽性であれば母子感染があると判定されます。
判定保留の場合には必ずPCR検査を行ってください
(これは母体の検査と同様に費用は研究班が負担します)。


平成26年度「HTLV-1母子感染予防対策講習会」のお知らせ

■平成26年度「HTLV-1母子感染予防対策講習会」を開催いたします。

開催日時:平成26年12月14日(日)午後12時00分~17時00分
場所:大手町サンケイプラザ(東京都千代田区大手町1-7-2) ※参加費無料
対象者:HTLV-1母子感染予防対策に関心のある医療関係者・行政担当者
参加申し込み:FAXまたは、研究班ホームページ(本サイト)から
※詳しくは、下記リンクから概要資料(申し込み用紙、講演内容含む)をダウンロードしてください。

平成26年度「HTLV-1母子感染予防対策講習会」お申し込み用紙はこちらからダウンロードをお願いします。

皆様のご参加をお待ちしております。


「研究内容変更願」ダウンロード資料掲載

厚生労働科学研究補助金・成育疾患克服等次世代育成基盤(健やか次世代育成総合)研究 「HTLV-1母子感染予防に関する研究:HTLV-1抗体陽性妊婦からの出生児のコホート研究」(H26-健やか-指定-002)としてコホート研究が継続に関して、「研究内容変更願」を掲載いたします。つきましては下記よりダウンロード頂きます様宜しくお願い申し上げます。

■PCR期間延長承認
>>>こちらからダウンロード

■PCR期間延長申請
>>>こちらからダウンロード

■HTLV1コホート研究期間延長承認
>>>こちらからダウンロード

■HTLV1コホート倫理委員会延長願い
>>>こちらからダウンロード


重要)コホート研究継続決定について/研究報告資料/妊婦健康診査、フォローアップ等の状況

厚生労働科学研究補助金・成育疾患克服等次世代育成基盤(健やか次世代育成総合)研究 「HTLV-1母子感染予防に関する研究:HTLV-1抗体陽性妊婦からの出生児のコホート研究」(H26-健やか-指定-002)としてコホート研究が継続されることが決定いたしましたのでお知らせいたします。つきましては、引き続き対象のご登録およびフォローアップをよろしくお願いいたします。 また必要に応じて各施設の倫理委員会に期間延長願いをご提出いただきたく存じます。なお、延長期間は3年としてください。


下記にて、平成25年度総括研究報告書および平成23~25年度総合研究報告書(抜粋)をアップします。 概要版は、厚生労働科学研究成果データベース閲覧システムをご覧ください
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
厚生労働科学研究成果データベース閲覧システムURL:http://mhlw-grants.niph.go.jp/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■平成25年度総括研究報告書および平成23~25年度総合研究報告書
>>>こちらからダウンロード

■平成25年度総括研究報告(抜粋)
>>>こちらからダウンロード

なお下記は、厚生労働省母子保健課による各都道府県における「HTLV-1母子感染対策事業における妊婦健康診査とフォローアップ等の状況について」です。あわせてご確認ください。

■「HTLV-1母子感染対策事業における妊婦健康診査とフォローアップ等の状況について」
>>>こちらからダウンロード


2月9日開催:「HTLV-1母子感染予防対策講習会」のお知らせ

■「HTLV-1母子感染予防対策講習会」について
2月9日にHTLV-1母子感染予防講習会が開催されますが、まだ席に余裕がございます。 これだけのメンバーでの講演会はおそらく今後開催することができませんので、是非ご出席ください。 なお、予定が不確かな方は、当時直接ご来場いただくことも可能です。


開催日時:平成26年2月9日(日)午後12時30分~4時30分
場所:大手町サンケイプラザ(東京都千代田区大手町1-7-2) ※参加費無料
対象者:HTLV-1母子感染予防対策に関心のある医療関係者・行政担当者
参加申し込み:FAXまたは、研究班ホームページ(本サイト)から
※詳しくは、下記リンクから概要資料(申し込み用紙、講演内容含む)をダウンロードしてください。

平成25年度「HTLV-1母子感染予防対策講習会」お申し込み用紙はこちらからダウンロードをお願いします。

皆様のご参加をお待ちしております。


HTLV-1キャリア 相談支援に役立つQ&A研修〈平成26年2月25日(火)〉

■HTLV-1キャリア 相談支援に役立つQ&A研修
開催日時:平成26年2月25日(火)13:30~16:30(※受付13時〜)
場所:東京大学医科学研究所 講堂
東京都港区白金台 4-6-1 ※無料
※開催要項、参加申し込み等については、下記リンクからご覧ください。

開催要項、お申し込みは、こちらからお願いします。

皆様のご参加をお待ちしております。


母子愛育会主催講演会「健康な母性からの健やかな子育てへ」のご案内

■母子愛育会主催講演会「健康な母性からの健やかな子育てへ」

開催日時:平成26年2月28日(金)13:00~16:50
場所:日本子ども家庭総合研究所研修室
東京都港区南麻布5-6-8(地下鉄日比谷線広尾駅1又は2出口) ※入場無料
URL:http://www.boshiaiikukai.jp/
※開催要項、参加申し込み等については、下記リンクからご覧ください。

開催要項・申し込み書は、こちらからお願いします。
開催ポスターは、こちらからお願いします。

皆様のご参加をお待ちしております。


平成25年度「HTLV-1母子感染予防対策講習会」のお知らせ

■平成25年度「HTLV-1母子感染予防対策講習会」を開催いたします。

開催日時:平成26年2月9日(日)午後12時30分~4時30分
場所:大手町サンケイプラザ(東京都千代田区大手町1-7-2) ※参加費無料
対象者:HTLV-1母子感染予防対策に関心のある医療関係者・行政担当者
参加申し込み:FAXまたは、研究班ホームページ(本サイト)から
※詳しくは、下記リンクから概要資料(申し込み用紙、講演内容含む)をダウンロードしてください。

平成25年度「HTLV-1母子感染予防対策講習会」お申し込み用紙はこちらからダウンロードをお願いします。

皆様のご参加をお待ちしております。


第6回HTLV-1研究会 シンポジウムが近づいてまいりました

第6回HTLV-1研究会シンポジウム(8月23日〜25日開催)が近づいてまいりました。
そこで「シンポジウムの開催概要ポスター」を下記にて掲載いたしますのでご参照ください。


◆第6回HTLV-1研究会 シンポジウム◆
会期:2013年8月23日(金)〜25日開催(日) 会場:東京大学医科学研究所 講堂)

ダウンロード:HTLV-1研究会開催概要ポスター ※印刷配布用にもお使いいただけます)
「HTLV-1研究会ポスター」

詳細情報・お申し込みフォームは下記URLより
URL:http://htlv.umin.jp/2013/

本研究協力施設の方々へは、上記リンクにて詳細をご確認いただき、ご参加可能な方は、登録フォームよりお申し込みをお願い申し上げます。
※なお、本メールへのご返信や、当研究チームウェブサイト(※本ウェブサイト)では、上記シンポジウムの参加申し込みは承っておりません。予めご了承ください。


第6回HTLV-1研究会 シンポジウムのご案内

HTLV-1研究に関連する研究会のご案内をさせていただきます。

◆第6回HTLV-1研究会 シンポジウム◆
会期:2013年8月23日〜25日開催
会場:東京大学医科学研究所 講堂

詳細情報・お申し込みフォームはこちら
URL:http://htlv.umin.jp/2013/
協力施設において本研究に関与している方々には、お忙しいこととは存じますが、上記リンクにて詳細をご確認いただき、ご参加可能な方は、登録フォームよりお申し込みをお願い申し上げます。

※なお、本メールへのご返信や、当研究チームウェブサイト(※本ウェブサイト)では、上記シンポジウムの参加申し込みは承っておりません。予めご了承ください。


HTLV-1母子感染予防研究班研究協力者会議のご案内

先般、本研究協力施設配信メールでもお知らせいたしました 【HTLV-1母子感染予防研究班研究協力者会議】(平成25年7月27日(土)午後1時~5時@大手町サンケイプラザ)について、 参加申し込みの締め切りが迫ってまいりました。

協力施設において本研究に関与している方々には、お忙しいこととは存じますが是非ご出席いただきたく、改めてお願い申し上げます。
詳しくは、配信させていただたメールに記載しておりますのでご確認下さい。


予備「コホート研究のマニュアル」や「PCR法の検体の流れ」(その他、過去掲載情報)

掲載済みの「コーホート研究マニュアル」や「PCR法の検体の流れ」などとあわせて、過去に掲載した情報をまとめ再度掲載いたします。

こちらから各種資料が取得いただけます。

コホート研究実施マニュアル

【説明資料ダウンロードはこちら】
「コホート研究実施マニュアル」

PCR法の検体の流れ

ウエスタンブロット(WB)法による確認検査で判定保留となった場合のPCR法による測定とWB法の改良のための検体の流れについてご確認ください。

WB法で判定保留となった場合は、以下の手順で検体が回収されまたその結果が報告されます。
1)妊婦から採血する予定の2週間前までに「HTLV-1資材セットアップ依頼フォーム別紙1」)に必要事項を記入後、
SRLにメールします( srl-pcr@ml.miraca-holdings.co.jp)。

2)SRLの担当者は近隣の営業所に依頼があったことを連絡し、営業所の担当から協力施設の責任者に電話で連絡をし、
資材セットアップの日時や回収について調整します。

3)回収された検体はSRLにてPCR法による測定が行われます。
また、一部の検体は国立感染症研究所にも送られWB法の改良のために使用されます。

4)PCR法の結果は、SRLより研究協力施設に報告されます。

※関連資料ダウンロードはこちら(「HTLV-1資材セットアップ依頼について」 「PCR測定の流れ」

フォローアップオンラインweb登録について

ウェスタンブロット確認検査で陽性あるいは判定保留となった妊婦および出生児の
フォローアップオンラインWEB登録は、以下のページにアクセスしてください。

【フォローアップオンライン登録ページ】
URL:https://www.htvjp.org/login.php

⇒web登録に関する資料はこちら 「フォローアップweb登録について」

Web登録には、施設ID、登録者IDおよびパスワードが必要です。倫理委員会の申請が受理された施設は、
本HP上の「お問い合わせ」より、倫理委員会への申請が受理されたことを事務局までご連絡ください。

栄養法・短期母乳および冷凍母乳の説明文

栄養法に関する説明文(概要)、短期母乳および冷凍母乳の説明文を追加いたしましたのでご参考ください。

【説明資料ダウンロードはこちら】
資料1: 「栄養法の説明」
資料2: 「短期母乳の説明文」
資料3: 「冷凍母乳の説明文」

HTLV-1 母子感染予防対策研究方法についての解説・留意点

HTLV-1母子感染予防に関する研究協力施設で対応にあたる方々へ向け、本研究班の研究方法についての解説・留意点に関する資料を掲載いたします。

研究協力施設ご参加のお願い

すでに、全国の総合周産期センターや地域周産期センターご担当者あてに、HTLV-1母子感染予防研究班から研究協力施設参加の依頼をお願いしております。
当研究班のホームページのリストに挙げられている施設は、受諾の返事をいただき、倫理委員会への申請手続きをしている施設です。
参考までに、協力の依頼文および返信用FAX、昭和大学倫理委員会申請関連書類も掲載いたしました。

※研究期間は申請日から最短でも3年間となります。
※協力施設での診療のための交通費は、諸事情により支給を行っておりません。

資料1:総合・地域周産期センターに対する協力依頼文、および返信用FAX用紙(平成23年12月28日まで)
資料2:倫理委員会申請書類:コホート研究(zipファイル)
資料3:倫理委員会申請資料:PCR測定(zipファイル)

平成23年12月15日
厚生労働科学研究成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業(H23-次世代-指定-008)
「HTLV-1 母子感染予防に関する研究:HTLV-1 抗体陽性妊婦からの出生児のコホート研究」

研究代表者
 昭和大学医学部小児科
 板橋 家頭夫


2012年総括研究報告書のご案内

「HTLV-1母子感染予防に関する研究: HTLV-1抗体陽性妊婦からの出生児のコホート研究」についての、
【2012年 総括研究報告書】を掲載致しました。

【資料ダウンロードはこちら】
【2012年 総括研究報告書】


研究協力施設メール配信開始のお知らせ

研究協力施設メール配信開始について

日頃より、本研究にご協力を賜り誠にありがとうございます。
このたび本研究に関する講習会・研修会開催のお知らせ、アンケート依頼、その他研究班からの情報提供を行なうことを目的としたメール配信を開始させていただきます。
※本お知らせは、研究協力施設の代表者に限らず、関係者の登録も可能ですので(ただし研究協力施設所属の方に限らせていただきます。)、ご登録を希望される方は、下記より ご登録ください。

【研究協力施設の方の登録、登録情報の更新はこちらから】

URL:https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=htlv1

資料ダウンロードページを新設しました

研究マニュアルおよび倫理委員会申請書類・各種説明文書・同意書がダウンロードできるページを新設いたしました。
左メニュー「関連資料のダウンロード」項目から、ページをご覧ください。


12 次へ

▲ページトップへ